プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2010年05月15日

もしドラ

もしドラ

岩崎夏海「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」ダイヤモンド社、2009

【書評】

まずこの本を読む前に2つ疑問があった。

そして、その疑問こそがこの本が売れる理由に他ならないと思う。


それは、何か。

その1つは

「なぜ高校野球、しかも、女子マネージャーがテーマなのか」

ということ。そして、2つは

「なぜ表紙がこんなに「萌え系」なのか(笑)」

ということである。


結論から言うと、両方とも、本編を読んでいるだけでは分からなかった(笑)。


しかし、「あとがき」にその理由がしれっと書いてあった。


①についてはこういうことである。

“以前から、ぼくは「マネージャー」という言葉についてとても気になるところがあった。

というのも、日本と欧米とではその意味するところに大きな違いがあったからだ。

たとえば、アメリカの大リーグで「マネージャー」といえば、それは「監督」のことを指す。

しかし日本では真っ先に思い浮かぶのは「高校野球の女子マネージャー」だ。

(中略)その時だった。ふいに一つのアイディアが閃いた。

それは「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら(どうなるか?)」

というものであった”(p.269)


・・・なるほどである。

この疑問は確かに私も永年持っていた。

つまり、日本人なら誰しも感じる

「ちょっとした違和感」


を作者は代弁し、それを証明した、ということになる。

この

「ニーズとシーズのマッチング」

に本書が売れた最大の理由があろう。



そして、②についてはこのような記述があった。

“この小説に出てくる登場人物の何人かは、AKB48という女性アイドルグループのメンバーが

モデルになっている(中略)。今から数年前、ぼくは彼女たちのプロデュースに携わり、

間近に接する機会に恵まれた。そこで見聞きした人物やできごとが、この小説のキャラクターや

ストーリーを作る上で、大きな影響を及ぼした”(p.271)


・・・こちらもなるほどである。

ドラッカーの「マネジメント」は私も昔読んだが、正直抽象的な表現が多く、堅い。

したがって、問題意識や動機にしっかりとしたものがないと「右から左へ」と抜けてしまう恐れがある。

せっかくどのような組織にも当てはまる、

「経営の神様からありがたいメッセージ」


があっても、そこまでたどり着けない方が出てくる可能性があるということである。

これはもったいない。

そこで、筆者が目に付けたのが、①によるニーズとシーズのマッチングに、もう1スパイス、つまり、

「ギャップ」

というワーディングだったのだろう。

もう少し突っ込めで言えばば、この表紙自身に

「マーケティングやマネジメント」

の要素が入れた、ということであろう。すなわち、

・我々の事業とは何か。
・我々の顧客とは誰か。
・マーケティングとイノベーションだけが成果をもたらす。
・成果とは長期、打率。優れているほど新しいことを試みる。
・成果こそ、すべての活動の目的。
・専門家にはマネージャーが必要。
・成長には準備が必要。
・人は最大の資産。
・自己管理は強い動機づけをもたらす。
・働きがいを与えるには、仕事にそのものに責任を与えなくてはならない。
・マネジメントは、自らの組織に特有の使命を果たす。
・マネジメントは、仕事を通じて働く人を生かす。
・マネジメントは、社会の問題について貢献する。
・目指すべきは最大ではなく、最適。
・規模は戦略に影響を及ぼす。逆に戦略も規模に影響を及ぼす。


これらが、筆者が高校野球の女子マネージャーによる奮闘劇を通して、伝えたかったメッセージであるが、
これらを適切に対象に伝えるために、表紙やタイトル、そして、伝え方に工夫をこらした、ということ。

いやはや、アッパレである。


しかし、余談だが、これは逆の(行き過ぎた?)効果も生んだ。

「せっかく、実のある本を読んでいるのに、電車で読んでいると「アキバ系」と思われてしまう。

だから、僕は表紙を裏返して読んでました(笑)」

「友人に貸したら、なぜか表紙のカバーがはずされた状態で戻ってきました(笑)」


これはいずれも後輩の証言、実話である。


確かに。私もちょっと電車で読むのははばかれたので、家で読んだ次第(笑)。


という訳で、とりあえず、まだお読み出ない方は、読んでから上記の評を再度読んでいただくとして、
ここでは、以下の井上ひさしさんの言葉で締めくくっておきたい。

「難しいことをやさしく、やさしいことを深く、深いことを面白く(伝えることが大事)」

著者(ちなみに女性のようなお名前だが、男性)の第2作を楽しみにしたい。

同じカテゴリー(大学生に薦めたい一冊)の記事
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。