プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2010年08月01日

京都就活塾セミナー

「京都就活塾」セミナー
 
※本講義は、京都就活塾生向けのセミナーです。   

日   時 :2010年8月28日(土)13:30~17:00
会   場 :ウィン グス京都
講   師 :杉岡 秀紀(同志社大学政策学部 講師)
テ ー マ:「面白キ世ヲ面白クスミナスモノハ 自分ナリケリ」
参 加 費:無料


※終了しました。

同じカテゴリー(講演・講座など)の記事
講演情報はこちら
講演情報はこちら(2015-09-12 00:00)

この記事へのコメント
始めまして。
ブログはずっと読ませていただいてました。

このセミナーは一般人は参加不可能なのでしょうか?
Posted by みぃ at 2010年08月20日 13:01
みぃさん

コメントありがとうございます♪

来週のイベントですが、残念ながら「京都就職塾」のメンバーさん対象のイベントとなるみたいです。

もし「どうしても」という場合はこの塾の代表者を紹介しますので、私のtwitterからDMをください。

http://twitter.com/sugiokahidenori
Posted by 杉岡です at 2010年08月20日 21:23
杉岡様

お返事ありがとうございます。

ブログを読んでいて、杉岡さんの言葉が聞いてみたいと思ってました。
このセミナーはいい機会だったのですが・・・

残念ながら・・・
ツイッターの仕組みが全くわかっておりません(- -;)


小さな幸せを集めたら大きな幸せになるとか言うけれどきれいごとにしか聞こえず、そんな私はひねくれ者ですかね・・・

人生面白くないと感じている私。
杉岡さんは楽しいですか?



また何かの機会がありましたら参加してみたいと思います。

長文失礼致しました。
Posted by みぃ at 2010年08月23日 23:21
みぃさん

コメントありがとうございました。

今回はクローズドな講演会であったため、失礼しました。

是非またの機会をこちらこそ楽しみにしています。

最後に、私は「楽しい」という感覚より「楽しむ」という感覚を大事しています。

というのは「楽しい」という言葉はどうも人任せな気がするのです。

ですから、自分が努力する余白を持たせるという意味においても「楽しむ」という気持ちを大事にしています。

また、幸せに感じて最近思うことは、

「幸せは自分の心が決めるもの」

という、原理原則の立場に立ちつつも、

「一度でも不幸せな体験をしないと、本当の幸せは感じられないのでは」

と思っています。つまり、

「マイナスからのスタート」

ですね。

そういう意味からすると、みぃさんの今は、幸せの一歩手前の段階では?と個人的には思ったりします。

とはいえ、いずれにせよ、大事なことは目に見えないことが多いですからね~

ころころ気持ちが変わるのが、人間のこころですし。

そういう意味では、幸せは結果論に過ぎないですから、頭で考えすぎず、心で感じるままに任せられたらいかがでしょうか?

すぎおか拝
Posted by 杉岡です at 2010年08月31日 00:28
こんばんは。
お忙しい中、丁寧に誠実にコメントに対応される杉岡さんは素敵ですね!

私もチャンスがあれば杉岡さんの講演をライブで体験したいと思っている一人です。

平均寿命からすると人生折り返し地点少し過ぎたあたりですが…

娘の夢の伴走者として残りの人生、賭けてみようと思っています。

不安はテンコ盛りですが、困難も逆境も'楽しむ!'の心構えで…

いつか!講演!楽しみにしています!
Posted by ひかり at 2010年08月31日 23:14
杉岡様

お忙しい中お返事頂きありがとうございます。

「楽しい」という感覚より「楽しむ」という感覚

納得です。
常に心に留めておくのはなかなか容易なことではないですが、
時には立ち止まり、思い出すことができればと思います。

何が自分にとって幸せなのか・・・
生きているだけで幸せなのか、求めるもの全て手に入れなければ幸せじゃないのか、十人十色ですよね。
常に幸せを追い求めようとせず、幸せだなと感じることができればいいのかもしれませんね。
Posted by みぃ at 2010年09月01日 12:31
ひかりさん

是非是非。

音楽の世界で言えば、私はインディーズバンドのような存在ですが、いつかメジャーにいった暁には、こちらこそお願いします!

すぎおか拝
Posted by 杉岡です at 2010年09月02日 19:30
みぃさん

コメントありがとうございます。

一定の納得をいただけたみたいで何よりです。

はい、世の中に正解なんてありませんから、幸せにも正解もなければ間違いもない。

こんな風に思っています。

では、大事なことは何か。

それは「問い」続けることだと思います。

きっとその「問い」の先にこそ、新しい自分や新しい世界が待っているんだと、そのように私は信じています。

ですから、いくら忙しくとも、「問う」ことだけは止めてはいけません。

私自身も答えのない道に、自分に、人生、社会に、毎日「問い」を抱き続けています。

一言で言えば、「問答」ではなく、「問問」、あるいは「悶悶」ですね。

是非これからもお互い悶悶と問い続けましょうね。

すぎおか拝
Posted by 杉岡です at 2010年09月02日 19:39
クローズドではない講演・・・
近いうちに、お願いします。(笑)
Posted by ひかり at 2010年09月03日 14:12
またまたお邪魔します^^;

いろんな人の考えを聞くとそうだよねと思えることもありますが、何も知らないくせに勝手なこと!って思うこともあったりします。
それで考えて悩んで・・・悩んで疲れて・・・
でも杉岡さんの言葉は素直に心で感じることができました。
ありがとうございます。

ますます杉岡さんの講演に行きたくなりました☆
楽しみにしています。
Posted by みぃ at 2010年09月03日 23:19
みぃさん

コメントありがとうございます。

はい、コミュニケーションは

・メールで5割
・電話で7割
・直接対面して9割

伝わるといいますし、いつか是非聞きに来てくださいね。

すぎおか拝
Posted by 杉岡です at 2010年09月04日 11:09
ひかりさん

コメントありがとうございます。

こころはいつでもオープンなんですけどね笑。

こればかりは主催者さんが決めることなので汗。

というわけで、今後ともどうぞ宜しくお願いします。

いつもありがとうございます。

すぎおか拝
Posted by 杉岡 at 2010年09月04日 11:11
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。