プロフィール
杉岡 秀紀
杉岡 秀紀
1980年、奈良県生まれ。2003年同志社大学経済学部卒業、2007年同大学大学院総合政策科学研究科博士前期課程修了。2009年同博士後期課程退学。臨床政策学者。周旋家。2016年から福知山に移住。

専門は、公共政策、地域政策、地域公共人材論、大学まちづり論、NPO論、大学評価論。

大学時代から環境問題、まちづくりに関心を持ち、2003年にまちづくりNPO「きゅうたなべ倶楽部」を主宰(発起人)。地域に開かれた大学祭の創造や商店街活性化、フリーペーパーの発行・産学連携ITプロジェクト・商品開発・リユースフェアなどのコミュニティビジネスを武器に京都府南部地域におけるまちづくりに取り組む。

2007年からは、いったん地域から離れ、霞ヶ関(内閣官房)へ。行政改革推進本務事務局にて、社会保険庁改革に従事する。

同志社大学政策学部嘱託講師(2009〜2014)、一般財団法人「地域公共人材開発機構」事務局総括(2009〜2012)、京都府立大学公共政策学部講師・地域連携センター副センター長(2012〜2016)を経て、2016年秋より福知山公立大学地域経営学部准教授。京都府立大学京都政策研究センター特任准教授。

社会貢献活動として、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチセンター 客員研究員、一般財団法人地域公共人材開発機構常任理事、一般社団法人社会的認証開発推進機構評議員、NPO法人グローカル人材開発センター理事、NPO法人京都子どもセンター監事、きゅうたなべ倶楽部アドバイザー、真庭市政策アドバイザーなどを務める。

主な著書は、『地域力再生の政策学』(ミネルヴァ書房、2010年、共著)、『地域貢献としての大学シンクタンク』(公人の友社、2013年、編著)、『地域公共人材をつくる』(法律文化社、2014年、共著)、『住民自治を問いなおす』(法律文化社、2014年、共著)、『もう一つの自治体行革』(公人の友社、2014年、編著)、『持続可能な地域実現と大学の役割』(日本評論社、2014年、共著)、『地域力再生とプロボノ』(公人の友社、2015年、編著)『地域創生の最前線』(公人の友社、2016年、編著)、『自治体政策への提言』(北樹出版、2016年、共著)など。

大学時代(2000年)に結成したバンド「シカゴプードル」では、2003年に京都学生祭典(KYOTO STUDENT MUSIC AWARD)でグランプリを受賞。2004年にCDデビューも果たした(2006年に卒業)。

【HP】 http://sugiokahidenori.jimdo.com
【ブログ】http://e013.dgblog.dreamgate.gr.jp/
【facebook】http://www.facebook.com/hidenori.sugioka/

【主な受賞歴】
2002年 「REALIZE In Kyoto(京都府南部地域における学生による地域政策・ビジネスコンテスト)」グランプリ受賞
2003年 「京都学生祭典 全国学生音楽コンテスト(kyoto student music award)」グランプリ受賞(Chicago Poodle)
2003年 「同志社大学育英賞」受賞
2004年 「エコ京都21」認定(きゅうたなべ倶楽部)
2004年  関西文化学術研究都市「都市びらき10周年」感謝状授与(きゅうたなべ 倶楽部)
2005年  内閣府「生活達人」認定
2005年  京都人間力大賞ファイナリスト
2007年  日本都市計画家協会「全国都市再生まちづくり会議」奨励賞受賞(きゅうたなべ倶楽部)
2012年  京都府「明日の京都」推進特別賞(地域公共人材開発機構)
2013年 「第7回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2013年 「第9回京都から発信する政策研究交流大会」優秀賞(杉岡ゼミ)
2014年 「京都府立大学学長賞」受賞(杉岡ゼミ)
2014年 「第10回京都から発信する政策研究交流大会」京都市長賞、優秀賞受賞(杉岡ゼミ)
2014年  2013年度京都府創発事業認定(京都丹波・写ガール隊)
2015年 「第9回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所賞受賞(杉岡ゼミ)
2015年 「2015年京都丹波観光プランコンテスト」優秀賞受賞(杉岡ゼミ・京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第4回 京の公共人材大賞」奨励賞受賞(京都丹波・写ガール隊)
2016年 「第10回全国大学まちづくり政策フォーラム」優秀賞、政策マネジメント研究所奨励賞受賞(杉岡ゼミ)
2016年 「京都府公立大学法人 理事長表彰」(京都丹波・写ガール隊、地域連携センター学生部会かごら)
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ

2012年06月21日

『やりたいことがないヤツは社会起業家になれ』(山本繁)

山本繁『やりたいことがないヤツは社会起業家になれ』メディアファクトリー、2009

『やりたいことがないヤツは社会起業家になれ』(山本繁)

刺激的なタイトルである。

これはおそらく出版社(編集者)の意図であろう。

決してこれは嘘ではない。

しかし、このタイトルを鵜呑みにするのは、やや早計である。

もう少し正確に言えば、いくばくかの論理の飛躍がある。

ここにタイトルの面白さがあり、翻って、落とし穴がある。

したがって、

「文間」

を読まねばならない。

あるいは、

「十分条件」

を併せて考えなければならない。

これがまずタイトルからの感想である。


本書はこのような構成となっている。

・プロローグ
・PART1 やりたいことが何もない!
・PART2 社会起業はビジネスだった ―神保町小説アカデミー―
・PART3 社会起業じゃ稼げない!? ―オールニートニッポン―
・PART4 ようやく黒字に ―トキワ荘プロジェクト―
・PART5 新たな挑戦 ―日本中退予防研究所―
・PART6 社会起業家になりたい人へ ―はじめの一歩―
・エピローグ

冒頭で書いたことの根拠となるのは、PART1で紹介される、氏の次の2つの哲学である。

  「やりたいことがないなら、人のやりたいことの手助けをすればいい」(p.18)
  「お金があることよりも、プライドを持って 仕事をやっていることの方が幸せ」(p.50)


結論を急げば、これこそが、タイトルの補論・補完となるメッセージであろう。

あえて言語化すれば、

「起業とはあくまで「必要条件」であり、自らの失敗体験・挫折がその「十分条件」である」

ということである。


私がこのように思うに至った背景を、以下で、もう少し解説してみる。


氏は大学を5年間通っている。

その理由は、おそらく大学1年の時の不動産投資会社の起業経験であろう。このことは、

  「三年の前期は、授業にたった4日しか出席しなかった」(p.38)

という記述からも確認できる。

そして、この起業経験こそが、タイトルのもう一つのメッセージにもつながっている。

すなわち、

・明確なミッションがないまま、時代の流れやブームにのり、起業したため、ひょんなことから緊張の糸が切れ、
 最後は折れた心が元に戻らず、1年で開店休業、廃業となった。

・しかし、この経験こそが教訓となり、その後の様々な事業化の反面教師の材料となった。


という2つの事実、気づきである。

私の好きな言葉に、

「傷つき、気づき、築く」

というのがあるが、まさにこのようなことである。


ここで帰納法的にもう一つエピソードを足してみたい。

氏は5年生のときに、就活したり、卒業していく学生を横目に、
一人で東京は南に1000キロのところにある小笠原諸島に

「自分探し」

の旅(アルバイト)に出ている。

その成果は次のように綴られている。

  「小笠原に来て、すでに1ケ月近くが経っていた。それだけ考え続けてもなお、
  やりたいことは「何もない」が結論だった」(p.27)


そして、旅の終わりには、自殺未遂の逸話も出てくる。


少し話が脱線するかもしれないが、先進諸国と言われる我が国日本は

「年間3万人が自ら命を落とす自殺大国」

でもある。

さらに心が痛いのは、そのうちの

「100名前後が、就活がうまくいかないことを理由に自殺をしている」

という事実。

たかが0.3%?

それとも

0.3%も?

私はこの数字は決して少なくない、悲しい数字だと思っている。


話を戻すと、氏もある種、この一歩手前まで行ったことがうかがい知れる。

ここまで書けば、先ほどの

「十分条件が自らの失敗経験、挫折経験である」

と私が思うに至った理由をお分かり頂けるだろう。


さて、それでは、PART2~PARA5はどのような意味を持つのだろうか。

それは、先の「傷つき」「気づき」からの回復の過程であり、「築き」「成長」のストーリーである、と言える。

・神保町小説アカデミー
・オールニートニッポン
・トキワ荘プロジェクト
・日本中退予防研究所


この順に、社会問題への解決のアプローチが

「ホップ・ステップ・ジャンプ」

と進化している。

プロジェクトとは、いわずもがな

「プロ(前に)+ジェクト(描く)」

であり、問題の先送りではなく、解決策を、前へ前と描くことが重要である。


その意味で、氏のプロジェクトは、まさに

「ニート・引きこもり・中退(予防)」

といういわゆる社会的に弱い立場におかれやすい人々に対し、真摯かつポジティブに向き合い、
オリジナルな仕組みを通して、社会をチェンジしている感がある。

このダイナミズムはぜひご一読いただき、自ら体感いただきたい。


最後に、全体を通して、心に残った言葉をいつくか書きとどめておきたい。

  ・「社会を変えるを仕事にする」

  ・「大事なことは、働き始めることよりも、働き続けること」

  ・「社会起業家は、社会問題におけるニーズの代理人」

  ・「全ての仕事は、誰かを、何かで、笑顔にすること」

  「大事なのは自己実現ではなく、共感」


やりたいことが見つからない大学生の皆さんも、社会起業家を志す皆さんも、
ぜひ本書をお読みいただき、自らの哲学や軸を再確認し、
やりたいことを見つける、あるいは、起業するためのヒントとして頂きたい。


すぎおか拝

同じカテゴリー(大学生に薦めたい一冊)の記事
この記事へのコメント
久しぶりにたくさん日記?があがって…私が反応したのは、
『傷つき 気づき 築く』
懐かしい(^^)♪♪♪
♪Take it easy~(^O^)♪


小難しいこと考えずに
♪Take it easy~(^O^)♪

息が詰まったら
♪Take it easy~(^O^)♪

って、歌うことにしよっ♪♪♪


思い出させてくれてありがとう(^O^)感謝♪
Posted by 水の結晶 at 2012年07月10日 08:48
水の結晶さん

コメントありがとうございます。

「take it easy」

を知っておられるのは、相当

「通」

ですね!

私もそういえば、こんな曲あったなぁと、今思い出したほどです(笑)。

こちらこそ脳に良い刺激をもらえ、ありがとうございました。

すぎおか拝
Posted by 杉岡 秀紀杉岡 秀紀 at 2012年08月11日 21:13
スーパーコピーブランドさん

コメントありがとうございます。

スーパーコピーブランドさんもこんな昔の曲をご存知ですか?!

通ですね!

ありがとうございます。

すぎおか拝
Posted by 杉岡 秀紀杉岡 秀紀 at 2013年06月18日 01:26
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。